猫はシャンプー嫌い

もともと砂漠で生活していた猫は、水に濡れるのをすごく嫌います。
体をきれいにするのには、水ではなく砂を使っていました。
砂の上で体をクネクネさせて、体毛を砂にこすりつけていたんです。
これではよけいきたなくなるように思えますが、こうやってノミやなんかもとってたんです。

そもそも、猫の体毛は水に弱いんです。
というのも、体毛にはオーバーコートとアンダーコートという二種類の毛があります。
オーバーコートは、外気や雨から体を守ります。
アンダーコートは、空気の層をつくって体を温めます。
カンタンに言えば、 オーバーコートは人間の着る「上着」で、 アンダーコートが人間の着る「下着」みたいなもんです。

犬も、この「上着」と「下着」を着ています。
でも、犬の「上着」は、レインコート(カッパ)なみに水をはじきます。
たいして猫の「上着」は、とても良く水を吸収します。
だからずぶ濡れにでもなったら、体がすごく冷えちゃいます。
ノラ猫なら、ずぶ濡れになるのは命にかかわるかもしれません。

だらだらと書きましたが、そんなこんなで、シャンプー嫌いなんです。
ちなみに、猫の「下着」はスグレものみたいです。
私は雪のけっこう降るところに住んでいるんですが、 ウチの猫(タマ)は、平気で雪の積もった外へ出て行きます。
「猫はコタツで丸くなる」なんていいますけど、外も大丈夫みたいです。

ファンヒーターの風に当たってるときもありますけどね。
それにしても、猫はしもやけにならないんだろうか。
雪の上を歩いたあとの肉球は、氷みたいに冷たいです。