スプレーはなぜくさい?

オスのスプレーのにおいって、すごくくさいです。
去勢してないオスのオシッコの匂いはくさいのか?
その理由は判明しています。

どういうことかというと、岩手大学などが、においの原因になる物質を発見したんだそうです。
その、においの原因は、腎臓でつくられた特殊なたんぱく質なんだとか。
このたんぱく質は、コーキシンと名づけられました。
理由は、猫の好奇心が強いからだということです。 覚えやすい名前ですねぇ。

そしてこのコーキシンが、フェリニンという物質をつくります。
そのフェリニンが、なわばりを示すにおい物質や、異性を引き付けるフェロモンをつくります。

ようするに、コーキシン→フェリン→オシッコがくさい!という流れです。

そして去勢してないオス猫は、このコーキシンとフェリンが多い ⇒ オシッコがくさい!ってことです。
逆に、去勢したオス猫やメス猫は、コーキシンとフェリンがすくない ⇒ あんまりくさくない ということになります。

コーキシンを発見した関係者の方は、「コーキシンの合成をじゃまする方法を見つければ、におい対策に役立つ」と話しておられます。
早くその方法を見つけてほしいですね。