猫の味覚、すっぱいに敏感

猫は、「すっぱい」、「塩辛い」、「苦い」、「甘い」などの味がわかります。
この味の中でいちばん敏感なのが「すっぱい」味です。
何でかっていうと、 すっぱい味のするご飯というのは、くさってるからです。
くさったご飯を食べてしまわないように、 すっぱい味に敏感なんです。

逆に猫は、「甘い」味に鈍感です。
これは、猫が肉食であることに関係しています。
どういうことかというと、「甘い」味のするものって、 合成甘味料なんかを除けば植物ばっかりですよね。

砂糖みたいに甘い肉なんてないですから。
ようするに、猫は甘い物を食べずに生活してきました。
だから、甘い味を感じる必要がないんです。

それに、甘い物が(もともとは)好きじゃないんです。
でも、飼い猫の中には甘い物が好きな猫もいます。
これは、いろいろな物を食べる子猫のときから
飼い主が甘い物を食べさせ、 甘い物に慣れたからだと思います。

でも、猫が甘い物を食べることは、猫の体によくありません。
なるべく食べさせないでください。
肥満や糖尿病の原因になります。