猫の目はどうして光る?

猫の目って暗いところだと、光(ひか)って見えますよね。
これは正確に言うと、光ってるんじゃなくて、光を反射してるんです。
どういうことかというと、まずモノはなんで見えるのか知ってます?

それは人間でも猫でも、光によって網膜が刺激されるからです。
猫はその網膜の後ろに、光の反射板をもってます。
この光の反射板は、タペータムといいます。これは、魚のうろこと同じ材料というか物質でできています。

このタペータムで、一度網膜を通った光を反射させて、もう一回網膜を刺激してるんです。
つまり、光を再利用してるわけです。
この「再利用」のときに反射する光で、猫の目が光って見えるってわけです。

これって、月と似てません?
だって、明るいときは光ってるように見えないけど、暗くなると光って見えるから。