ペット保険の歴史

近年、加入者が急増しているペット保険
最近では、ペット保険という言葉を知る機会も多くなりましたが、 日本でペット保険が誕生したのは、2000年頃と非常に歴史が保険です。
当初は、無認可共済という形態で保険を取り扱っていた会社も多く、 その場合は倒産した場合に保険金が支払われないというケースが発生しました。

順調に認知が広まって契約数が伸びている市場でも、 やはり上記のリスクが高く、健全性を高める目的に、2008年に法改正がなされました。

2006年の法改正によって業界が変化
これは、2008年よりペット保険を扱うには、保険会社または少額短期保険業者というものになる、 しかペット保険を取り扱う事ができないという法律です。
加入者のメリットとしては、どちらの形態でも会社が万が一倒産した場合も、 その分は積み立てているので、補償されるというものです。

この法改正によって、会社も淘汰され、現在では損害保険会社3社、少額短期保険業者7社の合計10社の取り扱いとなりました。
また契約件数についても法改正の影響を受けて右肩上がりにのびており、 現在の保険加入率は「約4%」となったそうです。

これは本場ヨーロッパの加入率には及びませんが、ペット保険の認知が広まるにつれて、 さらに伸びていくであろうと予想されます。