ペット保険について

もし愛犬・愛猫が病気になってしまったら・・・

近年は少子高齢化の時代と言われており、ペットの数が子供の数を上回っているという状況です。
大切な家族の一員ともいえる、ワンちゃんやネコちゃんが、いつ病気や怪我に見舞われるかわかりません、 万が一の病気の為に、ペット保険という商品ができました。

ペットの寿命も、ドッグフードやキャットフードなどの食物の進化や、医療の発達によって、年々伸びているといわれています。

その中でペットの高齢化により、人間のようにガンや白内障などの、 重い病気やヘルニア、痴呆など、治療にとても時間がかかる病気が増えてきてます。

そして、ペットの治療には、人間のように健康保険というものがありませんので、 全額負担になってしまいます。

せっかく愛して、家族と一緒に成長してきた、愛犬・愛猫が、おもいがけず病気になって、 手術や長い通院によって、家族の家計を圧迫してしまう事が現実として起こってます。

その中でペット保険も当初は法も整備もされておらず、保険料が支払われないなど、 トラブルを抱えておりましたが、現在は法律も改正され、約10種類の会社が切磋琢磨して、 良いサービスを提供するようになってきました。

万が一の為に色々な保険を検討して、愛犬・愛猫としあわせな生活を過ごしましょう。