キャリーバッグに慣らす

猫を動物病院に連れて行くときなど、 外出には必ずキャリーバッグを使います。

また二匹以上の猫を飼っている場合には、 外出以外でも、必要になることがあります。
それは、一匹の猫が病気のときです。
一匹の猫が病気になって、 他の猫と接触させないようにするときに、キャリーバッグが便利です。

そんな キャリーバッグは、 できるだけ日ごろから慣らしておくことが大切。

猫も若いときは体力があるので、 あまり動物病院のお世話になることはないと思います。
それが年をとってくると、病気になることも多くなります。

でも、年をとってからいきなりキャリーバッグにいれると、嫌がる猫が多いです。
結局に キャリーバッグ に入ってくれなくて、あばれる猫を洗濯ネットに入れて動物病院へ…なんてことにも。

そうならないように、ふだんも猫の近くにキャリーバッグを置いて、 その中で寝る習慣をつけておきます。
そうすると、外出するときにすんなりキャリーバッグに入ってくれます。

どうしてもキャリーバッグに入ってくれないときは、 頭からではなくおしりから入れてみてください。
あと上開きタイプのキャリーバッグだと、中に入れやすいです。

キャリーバッグ の大きさは、 猫が中で向きを変えられるくらいで大丈夫です。
子猫の場合は、大人になったときのことを考えて、少し大きめのものを。