純血種と雑種の違いについて

純血種と雑種の猫では、雑種のほうが太りやすいそうです。
ちなみに犬では、純血種のほうが太りやすいということです。
理由はよくわかりません。

もうひとつ、猫の場合は純血種と雑種でちがいがあります。
それは、繁殖能力です。
雑種のほうが繁殖能力は高く、一度に産む子猫の数が多いです。
それに雑種のほうが、年をとっても出産できます。

こうしてみてみると、純血種の方が弱いと言えるでしょう。
これは、純血を守るために近親交配がおこなわれてきたからかもしれません。
人間でも猫でも、両親の血のつながりが濃いと、障害をもった赤ちゃんが生まれやすくなります。