クローン猫の研究について

2006年10月にアメリカでクローンペットを生み出すビジネスをしていた会社が倒産しました。
結局、この会社は二匹の猫のクローンを作っただけでした。

「クローンでもいいから、死んだペットを生き返らせたい」
という人はそれほどいなかったようです。

それとクローン技術を使ったとしても、やはり全く同じというわけにはいきません。
たとえば猫の毛の模様。
これは、遺伝子にかかれている情報が同じでも、毛色が同じになるとはかぎりません。

ちなみに、世界で最初につくろうとしたのは、三毛猫のクローンでした。
でも生まれたのは、体毛が二色だけの猫だったんです!

それに、生まれてからの環境というのは、どうしても変わってしまいます。
ですので、性格がまるっきりちがう猫になるかもしれません。
愛するペットが死ねば、誰だって悲しいのですが、 だからといってクローンを作ろうと考えるのは違う事だと考えます。