猫の種類と性格

猫の種類によって性格は少しづつ異なります。

一般的に長毛種はおっとりとした性格です。
反対に短毛種は活発で好奇心いっぱいという傾向があります。

また毛色についても、きじ猫のようなしましま模様の猫はやんちゃな性格の猫が多いです。
これは、ヤマネコなどとおなじ野生の猫の血が濃いためだと思われます。

白猫は体が弱い傾向にあるようです。
もともと自然界では、真っ白や真っ黒というのは、目立ちすぎるので生き残っていけません。
人間と生活するようになったからこそ生きていけるんです。
これは、毛の長い猫も同じです。

猫の性格には、種類よりももっと大きな影響を与えるものが、「親の性格」です。

例えば、おっとりした性格が多いペルシャ猫でも、なかにはやんちゃな猫がいます。
そのやんちゃなペルシャ猫から生まれた子猫も、やっぱりやんちゃな性格になることが多くなります。
しかも、子猫は父猫よりも母猫の性格を受け継ぐことが多いといわれています。