うさぎ跳びをする「マンクス」

走るときに、うさぎみたいに飛び跳ねる猫がいます。
それは、マンクス(Manx)という種類の猫です。
私は写真でしか見たことがないです。

マンクスの写真をパッと見ると、いたってふつうの猫に見えます。
実際、上半身はふつうの猫とおんなじです。
でも下半身を見ると、後ろ足が長いことに気づきます。

また、しっぽがないか、極端に短いです。
なかには、しっぽがないどころか、しっぽの付け根が体に食い込んでるのもいるそうです。
何故そういう進化をしたのかはわかりません。
ただマンクスは、イギリスのマン島という離島で生活してきました。
なので、他の種類の猫の影響を受けにくかったということは言えます。

日本にも、しっぽの短い猫が多いです。
この理由はちゃんと分かっています。
それは、江戸時代の人は「しっぽの長い猫は、化けて出る」と信じていましたのでしっぽの長いねこを気味悪がりました。

反対に、もともと突然変異で生まれたしっぽの短い猫をかわいがりました。
そのために、今でも日本には、しっぽの短い猫がいっぱいいるわけです。

マンクスの動画