ドライフードと猫缶(ウェットフード)

ドライフードと猫缶(ウェットフード)には、それぞれ長所と短所があります。

ドライフード

・長所
猫缶より安い値段で、ちゃんとした栄養の食事ができるということ。
また、カリカリとしたドライフードを食べることで、歯垢(しこう)がつきにくくなり、歯周病を予防します。
それから、腐りにくいことです。
腐りにくいですが、出しっぱなしだとにおいがとんでしまいます。
大きなパックで買ったときは、開けたらすぐに、密封できる容器に移したほうがいいです。

・短所
水分が取れないことです。
それから、猫缶とくらべれば、あんまりおいしくないようです。
ただ子猫のときから、ず~っとドライフードだけを食べさせていれば、ドライフードしか食べなくなります。

猫缶(ウェットフード)

・長所
それは、水分が一緒にとれることです。(水分量が75%以上と規定されています)
十分に水分をとっていれば、泌尿器系の病気になりにくいです。

・短所
ドライフードと同じだけの栄養を取るのに、やっぱり猫缶のほうが高くつきます。
たしかに、スーパーなどでとても安い猫缶を売っています。
でも個人的には、必要な栄養がとれるのか、添加物については問題がないのかなど、不安に思います。

それから、猫缶はドライフードに比べてくさりやすいです。
特に夏は、ドライフードのように出しっぱなしにはできませんので、 猫缶を与える場合でも、半日以上猫に留守番をさせることがあるなら、 ドライフードにも慣れさせておいたほうが安心です。

また、開けてから鮮度がどんどん落ちていくので一回の食事で食べきれる大きさのものにしてください。
大きい猫缶のほうが、お得感がありますが、腐らしてしまえば、逆に高くつきます。
一回の食事で食べきれなければ、冷蔵庫で保存してください。
猫に与えるときは、レンジで30度くらいにあたためると、においも強くなってよく食べてくれます。