レギュラーフードとプレミアムフード

総合栄養食のキャットフードは、 レギュラーフードとプレミアムフードに分かれます。
レギュラフードは、スーパーなどのお店で売られてるものです。
プレミアムフードは、動物病院やペットショップで売られてます。

このふたつの違いは、レギュラーガソリンとハイオクガソリンみたいなものです。
ようするにレギュラーフードは安いけど、品質はあまりよくない。
逆にプレミアムフードは高いけど、品質はいいです。
「品質がいい」というのは具体的にどういうことでしょうか?

1:高脂肪、高タンパク

2:低マグネシウム、塩分少なめ

猫は完全肉食動物なので、人間よりもたくさんの脂肪とタンパクが必要です。
ただ、だからといって魚の切り身や、スーパーに売っている肉ばかり食べさせていたら、体をこわします。
それでは、ビタミンなどの栄養素が不足してしまうからです。
昔の猫は、ビタミンなどの栄養はネズミの内臓を食べたり、ネズミの胃や腸で消化されかかった草を食べることで、補給してました。

どうして、「消化されかかった」草を食べるのか?
それは猫が、はえてる生の草を食べても消化・吸収できないからです。
猫は肉食動物なのです。

それと肉食動物なので、 脂肪をいっぱいとらないとダメです。
でも、たんに「油っこいものを食べさせればいい」わけではないんです。
たとえば、スーパーや肉屋さんで売ってる、 生肉だけを食べさせ続けたらどうなるか?
カルシウムやビタミンなどが、とても不足してしまいます。

品質のいいキャットフードほど、猫が切り身などの精肉からとれない栄養を、良質なお米や野菜を加熱してすりつぶすことで入れています。
そうすることで、消化・吸収しやすくしているのです。

ちなみに、猫もはえてる生の草を食べます。
でもそれは、胃の中にたまった自分の毛を吐く刺激にしたりするためです。

また、泌尿器系腎臓、尿道、ぼうこうなどの泌尿器系の病気にかかるのは、マグネシウムや塩分の多いキャットフードが、大きな原因です。
レギュラーフードには、これらが多く含まれているものが多いです。

他にもレギュラーフードとプレミアムフードには色々な違いがありますが、猫の健康のためには、プレミアムフードのほうが良いかと思います。