猫に豆乳はどうなの?

楽天で、豆乳とおからの入ったキャットフードを見つけました。

人間のあいだでは、「豆乳クッキー」がダイエット食品としてはやってます。
気になる原材料は、こうなってました。
「とうもろこし、小麦粉、フィッシュミール、大豆(脱脂大豆・全脂大豆)、肉類(チキンミール)、動物性油脂、かつお、乾燥豆腐、緑茶抽出物、CPP、ビタミン類、ミネラル類」

ここで気になるのは、最初の「とうもろこし、小麦粉」というところです。
キャットフードの原材料というのは、多いものから順に記載することになっていますので、このキャットフードにはとうもろこしが1番多くはいってるっており、次に小麦粉が多いというわけです。

私は、これがちょっと気になります。
なぜかというと、猫というのは肉食動物ですので肉だけを食べていても健康にくらせます。
このことは、同じネコ科のライオンやチーターを思い浮かべればわかりやすいと思います。

ただ、飼い猫が肉だけを食べて健康に生きられるかというと、ほとんど不可能です。
というのは、たんに「肉」といっても、いろいろあります。
私たちがふつうに肉と言っているのは、動物の筋肉のことです。

動物は筋肉だけではなくて、内臓とかもあるわけです。
ですのでバランスよく栄養をとるためには、その動物をまるごと食べなきゃいけないわけです。

たとえば牛なら、ロースとかモモだけじゃなくまるごと1頭です。

まあ猫なので、ネズミぐらいならまるごと1匹食べられます。
でも鶏や牛をまるごと一匹ってなると、いろんな意味で不可能ですよね。

でもやっぱり猫は肉食なので、肉を1番多く食べるのが健康的でしょう。

そういうことを考えると、とうもろこしや小麦粉が
一番多く入ったキャットフードというのはちょっと疑問です。

ただし、豆乳は猫の体にもいいと思います。
なぜかというと豆乳には、良質の植物性タンパク質がいっぱい入ってるからです。
豆乳のもとになる大豆は、畑の肉って言われてますね。

また、大豆からつくる納豆が好きな猫はけっこういます。
意外に思うかもしれませんが本当です。
これは、大豆のタンパク質が分解されてできたアミノ酸を好むからのようです。