しっぽでわかる、猫の気持ち

猫のしっぽは、そのまま猫の気持ちを表現しています。
たとえ短いしっぽでも、本人(本猫)はちゃんとこまかい表現をしてます。
よ~く観察して、猫の気持ちを理解できるといいですね。

では、基本的なしっぽでの感情表現を、いくつか紹介します。

・ピンと立てる
甘えたい、お腹がすいた

・毛を逆立てる
びっくりした、恐怖を感じた

・しっぽを立てて先っぽだけ、ピクピクと動かす
なにか見つけて、興味をもった

・2~3回、振るだけ
名前を呼ばれたけど、返事するのが面倒なとき

・大きく(はやく)左右に振る
イライラしてる

・ゆっくりと左右に振る
リラックスしてる

・しっぽを足のあいだに入れる
こわがっている
自分を小さくみせて、攻撃されないようにしている

・しっぽを逆U字にまげる
あそびに誘っている