猫が寝ている時にピクピクするのは何?

猫が寝てるとき、ピクピクと体がけいれんしたようになることがあります。
これはとてもフツーのことです。
何も心配することはありません。

ピクピクするときというのは、 「体は寝ているけど脳は起きている」状態のときです。
これをレム睡眠といいます。
レム睡眠というのは、Rappid Eye Moovement sleepの略です。
日本語に直訳すると、眼が速く動いてる眠り、となります。
実際にこのとき、猫の目はまぶたの下で動いてます。

人間にも、このレム睡眠はあります。
人間の場合は眼しか動きませんが、猫の場合は体中がピクピクと動くわけです。
このレム睡眠のときに、脳だけ起きてしまうことがあります。
これが「かなしばり」です。

猫がかなしばりになるのかは、猫に訊(き)いてみないとわかりませんが猫が夢をみることはわかっています。
これは、猫に「さっき夢みてた?」と訊いたわけではもちろんなくて、 ジュぺという人の実験でわかりました。

どういう実験かというと、猫にはとても残酷なことですが、脳の一部を破壊します。
そして、寝ているときでも、脳から体に「前足を動かせ」とかっていう信号が届くようにします。
魚は泳ぎながら寝てるらしいので、たぶんそれと似た状態になるんでしょう。
こうすると、猫がレム睡眠中に体をなめたり、首をすくめたりという動きをしたそうです。
日向ぼっこをしている夢や、ケンカで負けた夢でも見ていたんでしょうね。

ちなみに人も猫も、なんのために夢をみるかというと、記憶を整理するためです。
整理するために、記憶というテープをまわして、編集作業をしてるわけです。