猫のゴロゴロはどんな時におきる?

猫は嬉しいときや安心しているときに、のどをゴロゴロと鳴らします。

これは子猫のときに、母猫に自分の存在を知らせる意味があるようです。
母猫が、このゴロゴロをきくとお乳の出がよくなるということもわかっています。

大人になったときも、飼い主になでてもらったりして嬉しいときや安心しているときに、 ゴロゴロとのどを鳴らします。
これは、子猫だったときのなごりでしょう。

また、たまに不安なときにもゴロゴロとのどをならすことがあります。

このときのゴロゴロは、嬉しいときや安心しているときのゴロゴロとちがって、低くて体に響くような音です。
これは、自分を安心させるためではないかと考えられています。

人間の子供が、お母さんのおっぱいのかわりに自分の指を吸う感じでしょうか。