猫のスプレー

猫は犬のように、立ったままオシッコをすることがあります。
これには、主にふたつの意味があります。

ひとつは、自分のなわばりを主張するためです。
もうひとつは、リラックスするためです。

というのも、猫は自分のにおいがしないと不安になることがあります。
だから、オシッコをして自分のにおいをつけ、安心しようとします。
家に訪ねてきた人にオシッコをひっかけてしまうのも、自分のにおいをつけるためです。
人間にはわかりませんが、猫のオシッコにはいろんな情報がつまっています。
オシッコで性別はもちろん、体の大きさもわかっちゃいます。

それから、オシッコをしてからどれだけ時間がたったかもわかります。
これは、オシッコにふくまれる成分が、時間の経過とともに分解されます。
その分解の度合いによって、オシッコをしてからどれだけ時間がたったかがわかるようです。

人間からすれば、「オシッコをいつしたか」なんてどうでもいいことですよね。
でも猫からすれば大きな問題なんです。
なぜかというと、猫はふつう、ほかの猫と出会わないように気をつけています。
これは、ムダなケンカを避けるためです。

たとえばタマという猫(私が飼ってる猫の名前です)が、公園を通ったとします。
そこで、ほかの猫のオシッコを見つけました。
タマがそのにおいをかいでみると、 まだオシッコをしてからそれほど時間がたっていないとわかりました。
すると、次の日からタマは、公園を通る時間をずらしたりします。
出会ってしまってムダなケンカをするのを避けるためです。
逆に発情期のメスのオシッコを見つけたオスは、 そのメスに会うために、その場所を通る時間を合わせます。