猫の毛づくろいは何のため?

毛づくろいには4つの意味があります。

1.体をキレイにするため
体が汚れていると、においで獲物に気づかれてしまいます。
飼い主からエサをもらえる今の猫には、関係のないことですけどね。
それに体の汚れは、ノミがついたり皮膚病の原因にもなります。

2.安心するため
猫は赤ちゃんのときに、母猫に体をなめてもらってました。
母猫に毛づくろいしてもらうことで、リラックスできていたので、 赤ちゃん猫だったときのなごりで、ストレスがたまると自分で体をなめます。
そうすることで、緊張をほぐそうとしているわけです。

たとえば飼い主にしかられたときや、 仲の悪い他の猫と会ってしまったときに、毛づくろいをはじめることがあります。
これは、緊張をほぐそうとしてやっていることなんです。
飼い主がなでてあげることでも、猫はリラックスします。

3.体温調節
猫は、肉球など体のごく一部からしか汗をかきません。
犬のように舌を出して、熱を体の外に出している猫も見たことありません。
猫は毛づくろいをして、体温調節を行います。 暑いときは、体毛に唾液をつけて、それを蒸発させることで、熱を体から放出し、 反対に寒いときは、毛づくろいをして体毛に空気の層をつくることで、冷たい空気から体を守っています。
人間も厚着をすると、服と服のあいだにできる空気の層が増えるので、あったかく感じますがそれと同じ理屈です。

4.ビタミンDをとるため
猫は、体を日光にあてて、皮膚でビタミンDを合成しています。
自分の体をなめることで、ビタミンDをとっているんです。
ちょっとスゴイですよね。