子猫の性格チェック

猫の性格は二つのことで決まります。
それは、遺伝と子猫のときの環境です。

遺伝については、父猫よりも母猫の性質を強く受け継ぐと、多くのブリーダーが言っています。

ですので新しく飼う子猫を選ぶときは、母猫の性格を参考にすると良いと思います。

また純血種よりも混血(雑種)のほうが、性格・健康の両方で優れた形質をもつことが多いように思います。

純血種を飼うなら、できるだけ近親交配の子猫は避け、 血縁関係のうすい交配によって生まれた子猫を選ぶことです。

そして遺伝よりも猫の性格を決めるのに大切なのは、子猫のときの環境です。
生後3ヵ月までは、母猫や兄弟猫と一緒に生活することが子猫にとっては重要です。
でもペットショップでは、はやくに子猫を母猫から引き離すことが多いです。
そのような場合は、飼い主が母猫や兄弟猫のかわりに十分なスキンシップをとってあげることが大切です。

それから複数の子猫の中から一匹を選ぶ場合は、抱いてみるとおおよそ人なつっこさがわかります。
おとなしくお腹をみせて抱かれる子猫ほど、人なつっこいということです。