猫の下部尿路疾患

下部尿路疾患というのは、オシッコを出すことに関係した病気をまとめた呼び方です。
この病気になる原因のなかで一番多いのは、オシッコの通り道である尿道や膀胱(ぼうこう)に結晶ができてしまうことです。
私が飼ってるメスの猫も二度ほどかかりました。

症状は、
・何回もトイレに行くけどほとんど出ない
・オシッコをするときに痛がる
・しきりに性器をなめる
などです。

さらに病気がすすむと、
・ぐったりする
・ひんぱんに吐く
などの症状がでてきます。

そして、48時間まったくオシッコがでないと、死んでしまう危険性がとても高いです。
結晶の多くは、ストルバイト尿石かシュウ酸カルシウム結石です。

結晶のだいたい9割が、ストルバイト尿石です。
このストルバイト尿石の原因は、マグネシウムを多く含んだ食事のようです。
なので、マグネシウムの含まれる量を少なくしたキャットフードで治療できます。
くわしくは獣医さんに相談してください。
レギュラーフードと呼ばれる安いキャットフードには、マグネシウムが多く含まれているものが多いです。
なぜかというと、マグネシウムの含まれる量を少なくするのにはお金がかかるからです。

シュウ酸カルシウム結石は、いろいろな原因があります。
たとえば、塩分を多く含んだ食事です。
またこのシュウ酸カルシウム結石は、手術で尿石を取るしかないです。
ストルバイト尿石もシュウ酸カルシウム結石も治療したあとは、 再発予防用のキャットフードにしたほうが良いと思います。

あと水を飲む量がすくないと、結晶ができやすくなります。
水道水は、カルキくさくて好きじゃない猫が多いです。
浄水器を通したり、ちょっとぜいたくですがミネラルウォーターにするほうが、たくさん飲んでくれるかもしれません。
適度に運動することも、飲んでもらう水の量を増やすのに効果があります。
あなたが一緒に遊んであげられないのなら、>キャットタワーなどで運動してもらいましょう。