猫にまたたびとキャットニップ

猫はまたたびの匂いを嗅いだ時に、口を半開きにすることがあります。
このときの表情は、まるで笑ってるみたいに見えます。

なんで口を半開きにするかについて説明します。
人間には、口の天井部分に二つの穴が開いてますよね。
鼻と口をつないでる穴です。

なんと、猫の口の前歯の後ろには、穴がもう一個あるんです!
実は猫には、鼻以外にも匂いを感じる場所があります。
それが口の天井部分についた、「第三の穴」(かってに名づけた)なのです。
この私がかってに第三の穴と名づけた場所は、 正式には「ヤコブソン器官」といいます。

がしかし、覚えにくいのでで第三の穴でいきます。
猫は、またたびの匂いなどをこの口のなかの第三の穴で匂いを嗅いでいるわけです。
猫だけじゃなくて、馬や羊、象も、これで特定の匂いを嗅ぎます。

猫はまたたび以外にも、異性のフェロモンや、ハーブの一種であるキャットニップ、ミント系の歯磨き粉、人間のはいた後の靴下の匂いなんかを第三の鼻でかぎます。

こういうモノの匂いをかぐと、猫は心をうばわれてウットリするらしいです。

靴下にもなんでしょうか?

ただこのウットリ状態は、5分ぐらいしかつづきません。
それと、よくかいでいると、だんだんとこういった匂いに慣れてきて、反応が鈍くなります。

あと子猫はウットリ状態になりません。
性的に成熟しないとダメなんです。
またたびに含まれる成分が、オス猫の求愛フェロモンに含まれる成分と似ている、とも言われてます。

またたびと同じような効果があるキャットニップもあります。
キャットニップは栽培もできますし猫に害はありません。